カテゴリ:フィンランド( 16 )
かもめ
かもめ、かもめ、かもめ・・・

みなさま、かもめ食堂をごらんになりましたか?
映画はまだいろいろなところを回っているようですし、DVDも発売されました。
私、なんと3回も映画を見ました・・・・・

内容がないといわれようと、何が言いたいのかわからない!と不思議がられようと
あののんびりした感じ、ゆったり流れる時間はフィンランドの本意だと思うのです。

当然ヘルシンキでも行って来ました。

そして、小林聡美ともたいまさこを見てしまったのです。

e0015539_11323385.jpg












e0015539_11334799.jpg











e0015539_11343028.jpg













e0015539_113595.jpg











ほんものはやはりオーラが溢れておりました。
眼福を感じた一日♪
by nyaru-chu-chu | 2006-11-14 11:35 | フィンランド
タリン リン リン まだまだ続き
さて、腹ごしらえも済んだことですし、これから石畳の坂を上りに行きましょう♪

e0015539_8253695.jpg
一気に登るのはちょっときついかもしれません。











e0015539_8273169.jpg
振り返って一休み。













e0015539_8315484.jpg
登り終わるとトーム・ペア城がありました。












e0015539_834549.jpg
アレキサンドル・ネフスキー聖堂、ロシア正教の教会です。












e0015539_838389.jpg

お城の北側の展望台からの眺め。
旧市街が一望できます。
海が見えるのがわかりますか?
by nyaru-chu-chu | 2006-10-28 09:30 | フィンランド
タリン リン リン続き
時間が止まったような中世の町 タリンです。

この旧市街地は昔のまま残っていますが、城壁を一歩出れば、高層ホテルもデパートも

ある普通の町でした。

冬まえに修理しておかないと、とのことで、町中補修中。

道路も壁もお家の中も。やっぱり観光シーズン終わっていたんだ!!

e0015539_170899.jpg
毛糸製品が安い場所発見!
セーターの壁 という有名な場所だそうです。
靴下、マフラー、帽子もお手軽な価格です。
手編みセーターは5000円くらいから。










e0015539_1744981.jpg
名物ピーナッツアーモンドの砂糖かけ。
これをほおばりながら町を歩く、のがおしゃれなんでしょうね。










e0015539_17781.jpg

中世を忠実に再現したレストラン。
というか中世からそのまま使い続けているのでしょう。
お店の中もお料理も、従業員さんもこれすべて中世にタイムスリップ中。





e0015539_17115699.jpg

      どのガイドブックにも載っている OLDE HANZA オルデ・ハンザ
        中はろうそくの光のみ、確かに忠実に再現しています。
            でも、メニューが読みにくかった。






e0015539_1713845.jpg












e0015539_17152546.jpg












e0015539_12153326.jpg
ビールは素焼きのジョッキに入っています。











e0015539_1219945.jpg
2階には何があるのでしょうか??












e0015539_12204241.jpg
水洗でよかった・・・・・・
by nyaru-chu-chu | 2006-10-26 12:30 | フィンランド
タリン、リンリン♪
毎日楽しく過ごしています。

今日はエストニアのタリンにお出かけです。

数社が早さや運賃で特徴を出していますが、前回ダメだったリンダ・ラインはやめて
違う会社の高速艇にしました。

e0015539_814356.jpg


     写真正面が出国審査。そうだ、日帰り海外旅行だったんだ。

時間によっても運賃は違うのですって。朝一番のこの船はちょっと高いのね。



e0015539_1421995.jpg

もう観光シーズンは終わってしまったのか、それとも平日だからなのか、がら~~んとした船内、買出しのフィンランド人も少ししかいません。
物価が安いエストニアにお酒を買いに出かけるそうです。








e0015539_1428722.jpg
かすむウスペンスキー













e0015539_14241368.jpg
遠ざかる大聖堂
















e0015539_884331.jpg

最後尾から喫煙する人たちの群れにまざって、飛び散る飛沫を撮ってみました。
ちょっとビビるピーちゃん。撮っている私も腰砕けです・・・・・こわい・・・・
港を出たときに比べ、ずいぶんスピードが上がること。



高速艇は80キロ離れたところを1時間半で結びます。
フェリーでは3時間かかるとのことですので、相当飛ばすのですね。






e0015539_14304324.jpg



                つーいたついた、タリンに着いた♪



簡単な入国審査があり、その後エストニアの地を踏みました。

トラムやパトカーもきれいな色をしてます。エストニアはシンボルカラーが白黒ブルーなので
その色のようです。

e0015539_1520425.jpg
e0015539_1521628.jpg
by nyaru-chu-chu | 2006-10-25 08:22 | フィンランド
タリン リンリン♪ 続き
本物の北ドイツの町並み!

訪れたドイツ人は皆驚嘆の声をあげるそうです。


e0015539_17105940.jpg

ここが旧市街の入り口にある<太っちょマルガレータの塔>

壁の厚さが4メートル、デブちゃんなの。

ここから城壁の中に入ります。







e0015539_17132684.jpg












e0015539_17141315.jpg
3人姉妹という建物。
改装が終わって、超高級ホテルへと変身しました。
雨が降ると窓を閉めに来る幽霊がいるとのこと。










e0015539_1716309.jpg
13世紀に建てられた聖オレフ教会。













e0015539_17204990.jpg
天井が豪華なカフェ。
タリンは物価が安く、ここでは紅茶は100円でした。
by nyaru-chu-chu | 2006-10-24 17:22 | フィンランド
まだまだ続くフィンランド
             2泊3日の小旅行を終えて戻ってきました、ヘルシンキ。

       この日は北へ行く猫のchick_peaさんのお宅訪問の日です。

       どうしても見てみたかったものの案内もお願いしてしまいました。

                         それはね、クマさん。


e0015539_1395324.jpg

              今回はかぼちゃがテーマでした。


お店はこんな感じ。

e0015539_1312992.jpg



じーっと見ていたら、中からお店の人がにっこり。
何か御用?と言いたげでした。
あ、用はくまさんなの。
お気遣いなく♪










         そのあとはお家にお邪魔してねこちゃんたちと憩いのひと時。

                   ああ、にゃんて可愛いの♪





e0015539_13171394.jpg


e0015539_13182340.jpg


                見て見て!うめちゃんの体操だよ~♪
                いちに、さんし、ごおろく、しちはっち♪


     手作りデザートをご馳走になったのに、なんで画像がないんだろ???
         ごめんなさいね、食べるのに夢中のnyaruママでした。
                 ベリーのタルト、ご馳走様でした。


さてこの日の夕食は港の市場近くのレストラン 

Sundmansへ出かけました。

あ、2階のフォーマルなほうではなく、クロッグのカジュアルなほうね。
ドレスは持ってきていないし、ずいぶんお値段も高いらしい。

e0015539_13532750.jpg

e0015539_13541492.jpg











この日はさらにイヴェントがありました。
それはフィンランデイァ・ホールで、オッコ・カムが振る、ヘルシンキ放送交響楽団のコンサートです。

日本と比べると格安のチケット、なんと1枚13ユーロ!!(日本円で2000円弱)

もう暗くなっていて、お外はうまく撮れなかったので、ないしょの一枚。
アルヴァア・アアルト設計の内部です。

e0015539_1462193.jpg

by nyaru-chu-chu | 2006-10-23 15:00 | フィンランド
近所のお出かけ
ヴェテリ2日目はまずここへ行きました。

Jussi Laasanennのカンテレ工房。3年前と変わらず、コツコツ作り続けている楽器たちです。

e0015539_12163136.jpg


e0015539_12181299.jpg














e0015539_121929.jpg












e0015539_12325243.jpg



これは5弦カンテレ。
もちろんユッシの手作り。












e0015539_1244225.jpg

           これはヨウヒッコという民族楽器。

         カンテレといいヨウヒッコといい不思議なものがあるなあ・・・・



カンテレはこのお話にも出てきます。カレワラという大叙事詩。
              興味のある方はどうぞ。
           岩波文庫で上下2巻、絶版だそうですが。笑


e0015539_12525724.jpg

ユッシの工房の横に教会がありました。
そしてお墓参りにも行きました。











e0015539_14113961.jpg
一人にひとつのお墓です。













e0015539_12562360.jpg
ん?!AHOさん♪













e0015539_12595041.jpg
ん~っとこれは<間もない人>のお墓です。
土葬です。
by nyaru-chu-chu | 2006-10-22 14:19 | フィンランド
ヴェテリのおとうさんとおかあさん
    タンペレでの時間を楽しく過ごし、インターシティに乗り換えてさらに北を目指します。

                4時間弱でここに到着しました。


e0015539_1012275.jpg



どこ?!う~ん、残念ながらと~っても地味な街 Kokkolaというところ。

2つある駅名は、はじめがフィンランド語、後がスウェーデン語。どちらも正式な言葉なので
何にでも2ヶ国語で書いてあります。

地味とはいえ空港もあるし、特急だって止まるの。もしかしたら横浜以上の実力かも?!

で、そこから100キロ以上で1時間飛ばしてついたところが

e0015539_10145225.jpg


            VETERIヴェテリというちいさな町です。


          そこは友人のホストファミリーが待っていてくれました。

e0015539_10194597.jpg
e0015539_10211231.jpg











e0015539_10234819.jpg
e0015539_10243562.jpg













なんとこの暖炉はパパの手作りです。
家の建て増しも、家庭菜園(主にじゃがいも)の手入れもパパの仕事です。
庭のりんごの木の世話も犬の散歩もパパがします。
フィンランド男性はマメな人も多く、仕事が終わったら夕ご飯のおかずを調達に湖へゴー。
お魚を釣ってきては料理して食べさせてくれます。
のみならず、お片づけやら朝ごはんも作ってくれて、運転も案内も全部パパがしてくれました。
ま、ここまでパワフルなのはめずらしい例だそうですが。
その間ママは・・・・本を読んでお昼寝していましたよ。

次の日はサウナ用の白樺の枝 ヴィヒタとベリーを摘みに森へ出かけました。
といっても車で2,3分のところなんですけれど。


e0015539_10355710.jpg
e0015539_1036481.jpg













           右も左も、前も後ろも森、白樺、そしてベリーだけ。
               なんにも音が聞こえない贅沢な空間です。

e0015539_10394168.jpg


          さてと、ちょっと一風呂、いえ一サウナでも行ってきます。


e0015539_10432846.jpg

e0015539_1044388.jpg

by nyaru-chu-chu | 2006-10-21 09:15 | フィンランド
今日は何の日?10月1日

e0015539_9221524.jpg

          これはね、ペンドリーノという特急電車。

e0015539_9245585.jpg


       犬のマークが見えますか?大きな犬も一緒に乗れる、フィンランド国鉄。
         愛犬家にはたまりません♪あ、この車両は×なのね。



             今日は中央駅からこれに乗ってお出かけします。

        ちょっと途中下車してあるところに寄り、さらに北を目指します。

            その場所はヘルシンキから特急で2時間あまりのここ。


                        

           北と南に湖がある清潔な工業都市、タンペレ

e0015539_9173928.jpg



観光案内所のお姉さんが美しかったのでちゃっかり抱っこしてもらったピーちゃん。
もしもし、緊張で固まっていませんか?笑


e0015539_9194612.jpg



            ここにはね、ムーミン谷博物館があるのです。

e0015539_1045515.jpg






e0015539_9124693.jpg
e0015539_9134328.jpg












ムーミンの原作者が自ら描いたイラストやスケッチ、お話のシーンを再現したミニチュアが
展示されています。

残念ながら中は撮影禁止あ~~んどオールフィンランド語表記。

しかし良いこともありました。
それはね、題名にもあるけれど、この日10月1日は<タンペレの日>。
市民のための市民の日、1年に1度のおめでたい日だったのです。
いつもは4ユーロの入場料がこの日だけはただ!!
隣接している石の博物館ただ!!
受付のおばちゃんいわく、あなたいい日に来たわね~!また来年もいらっしゃいな!
             じゃまた行くかな!?爆

          そのあと行った港で盛大な青空市をやっていました。
                その様子をご覧ください。


e0015539_930393.jpg




e0015539_931435.jpg





e0015539_933591.jpg



e0015539_9381246.jpg








e0015539_9403945.jpg





e0015539_9433112.jpg


      おいしかったムイック(小魚のから揚げ)、お店によって味や付け合せが違って、
       個性が出ています。
             ワタシ?もちろんイケメンのお店で調達よ!!
by nyaru-chu-chu | 2006-10-19 09:18 | フィンランド
お姫様に会いに。(可愛い追加画像あり♡)
はるばるやってきた目的のひとつが<サーシャ姫>に会うことでした。

横浜のしもべはご機嫌伺いにとお気に入り(と信じてるの)の手土産を携え、


馬車ならぬタクシーで参上です。


運転手さんは浅黒い小柄な男の人、どこの国の方でしょう?

訛り?から想像すると、トルコなどのアジア系とお見受けしました。

イエ~ス、マダ~~ム♪なんて言われて、あらん、わたしがマダム?!くすぐったいわ。


             
                   ここがうわさ!のサーシャ城

e0015539_819855.jpg


       お~っと違った、これはヘルシンキ大聖堂で姫のお城はこっちでした。

e0015539_820532.jpg



最初に<ディナー>←シーバ をごそごそ取り出したら、気配を察知なさったのでしょうか?

遠くからそ~~~っと見ていらせられまする。←へんな日本語・・・・・



e0015539_812065.jpg
e0015539_8123492.jpg














e0015539_7243931.jpg

e0015539_7251654.jpg


 


         ああ、やはり高貴な方は登場の仕方もおっとり、ゆったり。
              姫は優雅にお出ましになられました。
                 ああ~~!!抱っこしたいっ♪

     この後、レストランユンコでの豪華なデイナーをご馳走になりました。


e0015539_8581392.jpg


                  ユンコさん、スリムでしょ!!

                    が!!!

メインの塩釜が出来上がる直前に私はホテルに戻らなくてはなりませんでした。涙

          ああ、これが食べたくてヘルシンキまで行ったのに。笑

打ち合わせがうまくいかず、泊めてもらうEさんと連絡が取れなかったので

ごはんの途中で失礼しました。ごめんね~~。


次の日はヘルシンキからちょっと離れた田舎の街まで、2泊3日のお出かけです。




smiledsweetlyさんのところで面白いものを見つけました。

             点取り占い  遊んでね♪
              私のmemo帳に貼り付けてあります。
by nyaru-chu-chu | 2006-10-17 08:19 | フィンランド