カテゴリ:友人たちと( 51 )
言葉はいらない・・・

                 悪友から、予約が取りにくいお店の予約が取れた!
        という運がいいんだかタイミングがいいんだかわからないメールがきまして・・・・・
                       1週間まえの24時に予約開始、
              しかし常連さんがたは来店したときに次の予約を取ってしまうので
               当日分は2,3席のみというはげしい争奪戦となっているとのこと。

  
                    店の名前は 〔煮こみやなりた〕

                   お店の情報がなかったものですから、
    てっきり赤ちょうちんもしくは縄のれんだと思って薄い期待とともに出かけてまいりました。
             だって《煮こみ》ってモツ煮込みしか考えつかなかったんだもの。


                    ところがどっこい、これは侮れない。
             そう気がついたのはカウンターに座り、小さな厨房の中を見たとき。


             20名ほどしか入れないちいさなお店、しかもパリのビストロ風。
              入り口のビニールの囲いが特にそう感じさせるつくりです。
e0015539_8522631.jpg


              う~~、、モンマルトルの丘の裏にこういうお店があったなあ・・・・
e0015539_8583659.jpg



                       そしてメニューは手書き看板、
          こじんまりとしたスペースでご主人が一人でもくもくとお料理を作っている。
                ほらね、どれもすこぶるおいしそうじゃありませんか!!!
e0015539_21363076.jpg

e0015539_21383764.jpg

    豚足といちじくのサラダ、マスタードソースがクレソンとぴったり合ってそのハーモニーは絶妙。
e0015539_1120396.jpg
                  乾杯はやはりビール、EBISUの生はやはり定番でしょうか。 
          ご主人の泡の立て具合、相当修行をつんでいらっしゃる、とお見受けしました。
                   やはりこれはお金の取れるビールの注ぎ方かと。 
                       
                        そしてここはのんべえのパラダイス、
                       下戸のかたはお断りのお店だそうで、
                         ソフトドリンクは置いていません。
                  お二人さまでワインボトル1本はお願いします。
                       という笑みのこぼれるお言葉です。
         ペリエはあるのですが、それも疲れた舌をリフレッシュするためのものであって
                 あくまでもお酒を楽しく飲むことが主題のお店だそうで。
e0015539_21445573.jpg


              ワインもラインナップが見事ですし、お値段はきわめて良心的、
             そしてお料理がね、一皿一人では食べきれないほどのヴォリューム。
         このあともムール貝、胸腺のローストがつづき、おなかいっぱいになりました。
e0015539_2150369.jpg

e0015539_21515357.jpg


                そして〆はイチゴのソルべ
e0015539_2153451.jpg

                   乗っているのは甘くない生クリーム、
        ソルべも熟したイチゴを煮あげた手作り、
                        これまたおいしさのダメ押しです。
              エスプレッソをいただき、水無月の夜は静かに更けていきました。

                      
                   またまた生きててよかったよ・・・・・
by nyaru-chu-chu | 2009-06-05 10:54 | 友人たちと
江ノ島にて
e0015539_17405830.jpg

 
                  秋の一日、江ノ島に行ってきました。

                 海上亭という江ノ島の突端にあるおみせ、
           シラス丼とサザエのつぼ焼き、江ノ島ビールemoticon-0167-beer.gifをいただきました。

  まさに小春日和、テラス席はぽかぽかで、陽の光のありがたさをしみじみ感じました。

e0015539_17411632.jpg


                 かにのお味噌汁もうまうまemoticon-0105-wink.gif
e0015539_17412859.jpg


                     これは釜揚げしらすです。
              朝早く、そして運がいいと生シラス丼が食べられます。
                   次回は早起きしてトライしましょう♪


                Vistaでの大騒ぎ、お騒がせいたしました。
     なんとか無事にアップできる??かも??という環境を設定してもらいました。
                    ありがとう、天敵友人のOくん!!
by nyaru-chu-chu | 2008-11-24 17:42 | 友人たちと
八島が原湿原 追記あり♪
e0015539_2184427.jpg

          
                   どんどん歩いてきてやっとここまで来ました。

                        そして、まだまだ歩きます。

e0015539_21102166.jpg

e0015539_206428.jpg

                        ここが八島が原湿原です。
                    日本でも有数の湿性植物の楽園だそうです。

e0015539_8484251.jpg


         2時間半ほどのハイキングの後は腰に手を当ててこれをぐいっと一本♪

e0015539_2082374.jpg


                          

       こういう時はうめ~~~!と言うのが正解なんだそうでございます。

                         失礼いたしました。

                       本能の言葉、うめ~~!。
        
             お上品なワタクシ、ちょっと練習しませんとすぐには、難しいかと。

                 次回までには修練してまいりますので、乞うご期待。


     そして同じ道を引き返し、またも2時間半てくてく、といいたいところですが・・・・・・・
                       もうとってもへたれの私たち、
            ちょうどやってきた路線バスに乗って霧の駅まで戻りました。
                         所要時間なんと10分。
                    笑っちゃうほどのあっという間の帰還でした。

                  みんな~、ちょっと疲れたけれど、楽しかったね♪
              また出かけましょう、今度はもっと体力をつけておくからね。
by nyaru-chu-chu | 2008-07-25 21:11 | 友人たちと
霧が峰ハイキング

             霧の駅から八島ガ原湿原を目指してハイキングに出発します。
e0015539_2056249.jpg



                  休憩を入れて2時間半ほどの行程ですが、
                途中は登り下りや大岩ごろごろの難所もあるという、
                 都会人には予想もつかない路だそうで・・・・・
e0015539_935732.jpg


                       歩きながらきょろきょろ、
                   これは実に原始の風景そのものです。
              恐竜が出てきそうな苔生した岩や羊歯のある光景でしょ。
                        ここは実に悪路でした。
              すれ違った都会風のお姉さんの足元はなんとサンダル履き。
              これでこの道を歩くには、捻挫も覚悟の上か?と思いました。
        
              ひっそりと咲く高原の花々、時折吹く風に疲れも飛ぶ一瞬。


e0015539_20594680.jpg

e0015539_210654.jpg

e0015539_211498.jpg

e0015539_2121451.jpg

by nyaru-chu-chu | 2008-07-22 20:52 | 友人たちと
霧が峰はどこ?

              友人達と久しぶりにマガリバリの家に行ってきました。
e0015539_20372656.jpg

      
             昨年ベランダが張り替えられ、きれいになっておりました。
                emoticon-0159-music.gifそして霧が峰でのお楽しみはハイキングemoticon-0159-music.gif

                      なのですが・・・・・・・・・


e0015539_18323340.jpg


      その前にこの渋滞を何とか乗り越えなくては霧が峰までたどり着きませんが・・・・・

       白樺湖から霧の駅までなんと2時間、待ちきれなくて歩き出す人
               Uターンして戻ってしまう人、とさまざまです。
             混んでいないときは30分もかからないというのに・・・・・・

                    私たちは辛抱強く待ちました。
                    きっといいことがある、と信じて。

              すると近くの滑走場から何機もグライダーが飛び立ち、
             渋滞でいらいらしている人たちの心は一気に和みモードにemoticon-0100-smile.gif

e0015539_18403590.jpg


e0015539_18415892.jpg

  
         これは着陸直後のグライダー、思ったよりも大きくて二人乗りです。

                さてと、これからハイキングに出かけます。

          ニッコウキスゲやたくさんの夏の草花も歓迎してくれるでしょう。

e0015539_13304129.jpg

by nyaru-chu-chu | 2008-07-21 18:43 | 友人たちと
温泉レポート わははは、自然と人類の叡智の後編
e0015539_1011376.jpg

すっきりお目覚め、朝日に照り映えるは遠く信濃の山々でしょうか。
もうすぐ雪解け、山笑う季節はまもなくでございます。

e0015539_10152675.jpg

旅館の朝食はやっぱり和定食、香り立つカツオ節のお味噌汁はまこと五臓六腑に染み渡ります。
炊きたてご飯のあまりのおいしさに、つい3杯もおかわりしてしまったのはワタシです・・・・
腹が減っては戦は出来ぬ、と申しますでしょう。
それにしても朝から食べすぎ?

e0015539_1020658.jpg

源泉近くに飲泉所というものがありまして、入るだけではなく飲む温泉としても効用があると
記載されております。

e0015539_10281543.jpg




e0015539_10284040.jpg
















e0015539_1451013.jpg

いや~、これは期待通りのすばらしいお味。甘いか苦いかしょっぱいか、とお尋ねでしょうが、
お答えいたします。はい、一言で表わしますと<不味い!>
具体的には <錆びた鉄の水道管の中を通ってきた生暖かい水> です。
いかに効能があろうとも、今ひとつ触手が伸びませんが、通風持ちの友人用にとペットボトルに
詰めてお土産に持って帰ってきました。
ところが、・・・・ピンク色のあやふやな沈殿が・・・・・
水も微妙に色づき、妖艶さを漂わせております。
検討の結果硫化鉄であろう、とのことで、飲用はムリとの判断で廃棄処分といたしました。
飲ませたら友達死んじゃうよ~~、とバカ1号が心配しましたので。
温泉水の傍らには水が湧き出てておりまして、もちろんこれは口漱ぎ用。


e0015539_1155287.jpg

         その後は展望台にて、なぜかおバカが増えて3匹で記念撮影♪
e0015539_1171987.jpg

後ろの山々の説明です。
多分何度聞いても覚えられない人ばかりだと思った、地元の方々の優しいお心の賜物。

そして本日のハイライト、榛名神社。
うわさには聞いていましたが、ひっそりと存在するところにこのお社の奥ゆかしさが感じられます。
渋川から伊香保に行く途中には、水沢観音という有名な神社もありますが、その華やかさ、
賑やかさとは究極の対比でございます。
山懐に抱かれて、万物の神を祭り、確かに静かに密やかに厳かにそこにございました。
ところで、神様の数え方?!をご存知でしょうか?
ワタクシ昨日初めて教えてもらいましたの。
はい、それは一柱(ひとはしら)とお呼びするのだそうです。
そう考えると、長野での7年に一度の大イヴェント<御柱祭>はまさに神を山から信州諏訪大社まで
お連れする命がけの行幸ですな。
神のおわす柱、あだやおろそかには出来ませぬ。
死者の続出するのも、生贄と思わばこそ。喜んで人柱にもなりましょう。
e0015539_1120957.jpg


ということで、重要文化財

                    榛名神社 
                             
                                      ありがたや、ありがたや。

e0015539_113003.jpg

      うふ~~~,   おみくじも大吉

               emoticon-0159-music.gif明日も明後日もいい日だ、きっとemoticon-0159-music.gif
            ラテン系、オプティミストマダムの旅日記でございました。
by nyaru-chu-chu | 2008-04-11 10:30 | 友人たちと
今更、温泉旅行レポート、わははは。 笑いと涙の前編
やっと、やっと伊香保温泉珍道中のレポートをご報告いたします。

思えば波乱の幕開け、湘南新宿ラインが強風のため遅延、という放送を新宿駅で聞いた時によぎった不安の黒い雲。やはりそうでした。
なんたって私は台風の特異日に生まれた超雨女、かたや強力晴れ女。
二人がシンクロするとこうなるのか、というへんてこりんなお天気だったの。
案の定強風にあおられて、架線にビニール袋がからまり、大宮駅で運転打ち切り、が~~ん。
隣のホームの高崎線にお乗換え下さい、という放送に、てっきり同じホームで乗り換えればいいんだろう、と呑気に考えていた私たち。
ところがどっこい、世の中そんなに甘くは無かった。
隣というのは階段もしくはエスカレーターで下りてからまた昇るという隣のホーム。
満員電車のほぼ全員が乗り換える、という最悪のシチュエーションのなか、旅支度の私たちは
駆け下り、あられもない姿で上りきり、閉まる直前の高崎線に滑り込んだのでした。
え?何で新幹線で、もしくは特急で行かないの?という疑問もっともで御座います。
一人旅のときは時間短縮のために特急を使いますが、何しろ大学時代からの親友もしくは
悪友ですからね。
クラスもクラブも4年間ずっと一緒、おまけに一人っ子同士。
共通点はありすぎるほどあって、いくら時間があっても足りないくらいおしゃべりしたいものですから。
長丁場は大歓迎なのさ。
くしゃみしていた輩、きっとたくさんいたんだろうなあ。
うるせーおばさん昔のおねえさんたちだなあ・・・・と思われたのに違いない。笑


ということで何時間かの遅れとともにやっと伊香保温泉の玄関口、渋川駅に到着です。

e0015539_9142192.jpg

                  おバカ一号↑と おバカ二号↑

e0015539_985190.jpg


                トラブルのせいで暗くなっちまったじゃないか・・・
              もう少し明るい時間に撮りたかった魅力的な石段。

      石段からの帰り道、私の興味をひくものがいくつかありましたので、ご紹介まで。
e0015539_9284285.jpg


      立地条件の悪さか営業能力の欠如かこういった建物がいくつか見受けられました。
                 どなたかお求めになりませんかしらね。
         幹線道路沿い、リニューアルすればまだまだ十分使用できます。と思います。
                   価格は↑までお問い合わせ下さいマセね。
            ふむふむ、東京の不動産屋さんね、悪徳商会でないといいけれど。
              不良債権のカタにしかたなく手にいれたブツでないことを。
                       御復活をお祈り申し上げます。
e0015539_9292471.jpg


                  児童遊園・・・・あるのはこの滑り台のみ。
              いくらなんでもこれは子供を愚弄してはいまいか?
    なんでもない場所にバス停をつくるのは、まず設定が肝心であるという笑えない失敗例。
e0015539_9385663.jpg

                     そして夕食への布石がこちら。
             このお兄さんは何故こんなところで何をしているのかしら?

            
                      今夜のお宿はこちらです。
e0015539_957677.jpg


                 極めて庶民的、でもいい感じの旅館でした。
                 さて楽しみは夕食と温泉とおしゃべりです。

                     まずはお楽しみの夕食から。

e0015539_9252268.jpg

e0015539_925541.jpg

      先ほどのおにいさんの怪しい行動は、この笹の葉を摘んでいる場面でした。

           そして温泉と露天風呂三昧、貧乏人の根底にある心根の貧しさ。
                  三回も入っちゃだめだよ~~ん。
e0015539_1015615.jpg

e0015539_1022984.jpg

                     再びの露天風呂。
                   (これは翌日の朝撮りました。)
                        
       温泉でも湯あたりするほどしゃべりまくり、誰もいないのをこれ幸いとばかりに
              歌まで歌いまくる。←あまりの迫力に逃げ出したか??
     モーッアルトの、フォーレの、ブラームスのレクイエム、グノーのセントセシリアミサ、
        心の四季、水のいのち、月光とピエロ、遥かな友に、夜の歌・・・・
               露天風呂を出てからはまたまた懲りずににしゃべる。
         夜も更けて、お銚子が空になり、あること無いことどんどん出てまいります。
                  今だから言えるヤバイ話てんこ盛り。
卒業試験が学内ロックアウトで延期になり、就職できなくなるかも?というスリル満点の事やら
某時某所でボーイフレンド鉢合わせ、(これは設定をミスった)帳尻を合わせるのに冷や汗たら
たらだったこと、恋人奪い合いでしばし冷戦状態だった笑えない事実。今だから笑えるね。
     ピンク・レディのUFOを踊ったり、布団蒸しやら枕投げ、まるで修学旅行そのものです。
  昔付き合っていた男の子の名前をググってみる、という驚愕の発言にはぶっ飛びましたが、
                なかなか有名人になっているらしいとわかり、
        連絡してみようかな、というまたまた空飛ぶ発言に彼女の偉大さを感じました。
             私にはソコまでの勇気は無い。調べてもいいけど。爆

   では取り留めない第一部はつつがなく終了ということで、第二部を乞うご期待下さいませ。
by nyaru-chu-chu | 2008-04-10 09:10 | 友人たちと
温泉三昧♪
e0015539_1714229.jpg




                   

                   露天風呂 <花月の湯>

         

            夜二回、朝一回も入ってしまった・・・・・貧乏人だと言われた。
by nyaru-chu-chu | 2008-03-26 06:22 | 友人たちと
伊香保良いとこ一度はおいで♪
e0015539_937273.jpg




                 友人と命の洗濯にでかけてまいりました。
             
                  今週少しばかりバタバタしておりますゆえ、
                アップはしばしお時間をいただきたく存じます。
by nyaru-chu-chu | 2008-03-24 09:37 | 友人たちと
♬♪ 天上の音楽 その響き ♬♪

            先日nyaruが聴き入っておりました麗しい旋律でございますが、
            その生の歌声を聴くチャンスに恵まれ、都内まで出かけてまいりました。


e0015539_8322891.jpg



              ここは東京でも数少ない残響2秒以上という空間です。
            設計は東京女子大学礼拝堂を手がけた、アントニン・レーモンド
             目白にある東京カテドラル聖マリア大聖堂と並ぶ音響のよさで
             指揮者のたっての希望で選ばれたとのことでございました。


e0015539_8345584.jpg


e0015539_8354748.jpg

e0015539_8574619.jpg


       クラブの後輩達が所属する合唱団の10周年記念演奏会の最後を飾る歌声。
                  それがラシーヌ讃歌でございました。
                  パイプオルガンの荘厳な響きが教会を包み、
                  そこにはすべてが一体となった
                  違う世界が確かに存在していたのでした。


              団員も学生時代から音楽に親しんだ方々とのことで、
             少数精鋭の歌声は来場者の心にいつまでも残ることでしょう。



e0015539_8364664.jpg
e0015539_8371954.jpg
























e0015539_8415660.jpg



                パイプオルガンと共にあるステンドグラス。
     一日の中で一番美しい光が差し込む時間にコンサートが行われたという至福。

         歌声が心に沁み入って、先日の自分の愚行に向き合うことができたかと。
                  人に対しては求めない、つまり謙虚であれ。
                  そして祈る(この場合考えるに近いかもしれません)
               
                 ここでふと思い出したのは童話の<北風と太陽>
                     強い気持ちは決して人を動かさず、
                   暖かな言葉が頑なさをほぐしてゆくという
                      先人の教えでありました。

                   キリスト教信者ではありませんが、
                  人間の根本とは、祈るとは 神とは何か?
                  と掘り下げて見たくなった如月の昼下がり、
                 心の中が洗われて無になった私がおりました。
by nyaru-chu-chu | 2008-02-12 08:47 | 友人たちと