すばらしい日本の電子機器

                久々の秋晴れ、もしくは洗濯日和です。

              ということでタップリの洗濯物と大格闘の午前中。

      そして、洗いあがった天敵パンツ(下着ではなくいわゆるズボンです)を干そうと
                      洗濯槽に手を入れて・・・・

                       そりゃあ驚きましたとも。

         未だかつてこのようなものがパンツに絡まっていたことはありません、
                       お釈迦様でも気づきますまい。
 
                    それは何かといいますと・・・・はい、

                        

                      062.gif携帯の充電器062.gif



                  そして驚いたのはここからで御座います。

  30分以上も洗濯液の中で攪拌され翻弄され、いたぶられた挙句に高速回転のおまけつき
   これが正常な作動出来るであるはずもないであろうという予想は大幅にはずれました。

         そうです、充電という機能は損なわず、正常に起動してくれた喜び。

    ↑そういえば洗濯のとき、いつもと違う音がしたなあ・・・という変化に気づいたけれど、
                    普通は電源を止めるものよね。

              思えば今までいろいろなものを洗ってきました。

             ティッシュ(毎度おなじみの真っ白衣類)、
             Suica(磁力は衰えていずそのまま使えました)、
             100円玉(これはローターの中に入り込んでしまい、とうとう取れなかった)
             ポッケの石ころ、バッタ(悲惨、合掌・・・・)、
             カードゲームの大事なカード(これは泣かれ、そして買いなおしました)
              
                     数え切れないほどのドジの数々。

               ポケットの中はいつも裏返して確認するのですけれど、
                   一年に1~2回はこういうことがあります。

         ドジは一生治らない、しょうがないなあ、そんな声が聞こえます。


                    街にはかぼちゃが溢れています。
                       もうすぐハロウイーン。

e0015539_2024729.jpg


                      フライブルクのかぼちゃ
by nyaru-chu-chu | 2008-10-27 20:36 | 日々の事


<< 悪戦苦闘なり・・・・ 夜露は冷たく、そして男は三低。 >>