お墓まいり
 
                 とはいってもこちらに親戚などはおりませんので、
                    全く他人のお墓参りでございますが・・・・

  パリにはモンパルナス墓地、モンマルトル墓地など有名人の眠るお墓がいくつもあります。
            その一つ、ここはメトロ トロカデロ駅すぐのパッシー墓地。
e0015539_11491822.jpg

e0015539_11494199.jpg


               一度お会いしたかった方のお墓がここにあるのでした。
            幾人もの有名人のお墓がありまして、一番人気はマネとベルト・モリゾ。
e0015539_11511590.jpg

              入って坂を上りきった一番目立つ場所に誇らしげに建っておりました。
e0015539_11523047.jpg

          墓地の由来や経緯を書き記した案内板の先には木洩れ日の樹下路があり
e0015539_11535494.jpg

              その奥には有名な音楽家が二人眠っています。
                        060.gif一人目はこの方060.gif
e0015539_11551145.jpg

e0015539_115542100.jpg

                 ピアノ曲ではベルガマスク組曲、子供の領分
        そのほかには牧神の午後への変奏曲や弦楽四重奏を残したドビュッシー。
              お参りにくるかたも絶えないとみえて、お花がありました。
                     さすがに高名な作曲家であります。
                しかしワタクシのお目当てはこの方ではありませんの。
                   もっとずっと奥、目立たないところにある
                       お花もない地味な地味なお墓。

e0015539_1159916.jpg

e0015539_21493632.jpg

                  どなたのお墓かおわかりになりますか?
                    うっすらとFAUREと彫ってあります。
                   これはGABRIEL FAURE一家の墓石です。
              長年の思いが脳裏をめぐり、こみ上げてくるものがありました。
        
               団伊玖磨はフィンガルの洞窟の柱状節理を見たときに、
               あの音楽が鳴り響いたと書いていらっしゃいましたが、
             私の耳にもフォーレのレクイエムが静かに聞こえてきたのです。

      ここにはまさに永久の眠りの場にふさわしい、穏やかな時間が流れております。
by nyaru-chu-chu | 2008-05-29 21:30 | Paris


<< 駅と牡蠣と BOUQUINISTES >>