駅と牡蠣と
 
          子供の頃、よく読んだ本の一つにアルセーヌ・ルパンシリーズがありました。
                ラ・サンテ刑務所。オーステルリッツ駅、モンパルナス駅、
                  遠い異国の地名に思いをはせておりました。
                     其のひとつ、パリ サン・ラザール駅
                     行って見たかったところの一つです。
                     でもちょっと汚かった、がっかり。笑

e0015539_107506.jpg

e0015539_1083281.jpg


e0015539_109683.jpg

e0015539_1092485.jpg

                 駅前には牡蠣の専門店がありました。
                     リュイトリエと申します。
e0015539_2226388.jpg

         当然Rのつかない月ですが、一年中味わえる牡蠣が勢ぞろいしています。
             単位はダース、皆様軽く12個お召し上がりになっています。
                    ワタクシ?3個がやっとでした。
e0015539_22282243.jpg

        しか~~し、隣のお姉さんがた、一体どんな胃袋をお持ちなのでしょう?
e0015539_22294447.jpg

e0015539_22305016.jpg

          牡蠣1ダース、そしてこの貝の盛り合わせをもぐもぐ、ぺろり。
         その前にもアペリティフを飲み、おつまみも召し上がっていました。
                 さらにデザートやら、食後酒やら・・・・
                見ている私がもうお腹一杯となっています。
             と言いつつ別の日にはわたくしもこれをいただきました。



e0015539_11292337.jpg
e0015539_11295411.jpg
                















                 


                

                   どこのお店でもかなりおいしくいただけます。
e0015539_11345245.jpg

         なぜかバケットを抱え、スタバのお買い物バッグを持って佇むnyaruママ。
          ここはマルシェ・サントノレ広場近くのブルゴーニュ料理のお店です。
e0015539_11451070.jpg

             煮込んだお肉がほろほろと口の中で溶けてゆくしあわせ♪
by nyaru-chu-chu | 2008-05-31 10:13 | Paris


<< パサージュめぐり お墓まいり >>